利尻ヘアカラートリートメント

利尻簡単毛染め 利尻ヘアカラートリートメント
≪簡単毛染めランキング一位!≫
天然の簡単毛染め!敏感肌の方にもお使いいただける人気ランキングで一位!
私も以前愛用していたのですが、二位のレフィーネに変更。
でも一番売れているので、利尻ヘアカラーの毛染めが、やはり一位みたいです。
≪私の体験談!≫
私はロングヘアーなのですが、タオルドライをしているとかなり面倒。
でも他の愛用されている方の口コミを参考にすれば、しっかり染まりましたので
皆様も参考にしてください。
その方法ですが、まずシャンプー前の乾いた髪に直接塗ってラップで包んでキャップを被りしばらく放置。
時間は髪の長さとか室温によって変わるかと思いますが、私は30分放置。
乾いた髪だからホント良く染まる。
しかも髪をタオルドライする手間が要らないし乾いた髪に塗るので黒い水が垂れることもなし。髪も思った以上にツヤツヤ染まる!!
でも一つ難点があり、量が減ってくると容器から白髪剤が出しにくく、最後まで使えない。。
だからコスパ的に微妙な感じ…。
こちらから

レフィーネの簡単毛染め

レフィーネ レフィーネ
≪ツルツルの髪を実感!≫
肌を刺激するアルコール未使用。毛染めだけでなくヘッドスパやスカルプケア効果も!
簡単ワンプッシュボトルで、直接トリートメントのように地肌にご使用可能。
枝毛や切れ毛といったダメージヘアの方にも安心してお使いいただける簡単毛染め。
カラーは毛染めの中では最も多い9色展開で、お好みに合わせて独自のカラーも可能。
≪私の体験談!≫
利尻ヘアカラーも満足していたのですが、レフィーネから新しい毛染めが発売されたということで、まぁ一回使ってみて、利尻に戻ろうと思っていたのですが、思った以上に大満足!!
このレフィーネもどうすればしっかり染まるか他の体験談を参考にしてみると、やはり利尻と同じ。
入浴前に乾いた髪の毛にぬり、頭にラップを巻き、その上からホットタオルをし
シャワーキャップを被り、放置すること30分。その後そのまま入浴し、最後に髪の毛を洗っています。
なぜ利尻から切り替えたかですが、色落ちがしにくい。利尻は一週間に3回程度必要でしたが
これは一週間に一回、どう多くても二回すれば維持されます。

また癒し効果もあり、頭皮が軽くなった感じがあって、ホント皆さんの言う通りでした。
これは身近な知人にも自信を持って勧めてあげられる嘘なしのホントに良い毛染めです。
こちらから

敏感肌の方への簡単毛染め

ピュアハーバルカラー ピュアハーバルカラー100
≪天然のトリートメントハーブを高配合!≫
頭皮のかゆみが気になる、髪に刺激を刺激を与えたくない…。
そのような安全製品をお求めの方から好評のピュアハーバルカラー100。
3つの天然色素のほかに天然のトリートメントハーブ「シカカイ」などの美髪成分も高配合!
40代から60代の女性から非常に高い支持を受けている簡単毛染め。
こちらから

ルプルプ毛染めトリートメント

ルプルプ
≪がごめ昆布の無添加毛染め!≫
簡単なのに、しっかり染まる!しかも、ダメージゼロの白髪染めとして人気急上昇中!
使い方は、簡単4ステップで仕上がり10分とスピーディー。
只今、お得なキャンペーン中なので \1980?試せます。
サンカラーマックス
サンカラーマックス サンカラーマックス
≪可視光線に反応!≫
サンカラーマックスは、太陽などの光の下に髪を放置しておくだけで自然に染まるタイプ。
徐々に染まるため、髪にやさしく自然な仕上がりに。
男性、女性共に好評で販売本数も100万本以上の人気毛染め製品。
お時間がとれない方や煩わしい作業が面倒、衣服などへの毛染め剤の付着が気になるにオススメ。
こちらから
天然植物染料!カラードボーテ
カラードボーテ カラードボーテ
≪安全なヘアカラートリートメント!≫
たっぷり30種類以上の美容液成分が配合されているので、使えば使うほど髪の毛がツヤツヤに。
カラーリングと髪や地肌への優しさ、どちらも優先させる毛染め。
ツーンとしない、爽やかなラベンダーの香り。
染め上がりだけでなく、髪のツヤを重視されている方へ。
こちらから
エフキュアヘアカラートリートメント
トリートメント エフキュアヘアカラートリートメント
≪光沢のある美しい髪へ!≫
表鉱物油、パラベン(防腐剤)など頭皮や髪に刺激やダメージを与える成分を一切排除した
無添加ヘアカラートリートメントとして、多くの女性がリピートされています。
髪の傷みに効果的な美容成分を50種類も配合し、約73%が美容成分の安全・安心の毛染め。
艶やかなをもたらすトリートメントで選ぶならエフキュアが一押し。
こちらから

害を及ぼす毛染めにご注意

毛染めは毛髪を傷めたり、頭皮にダメージを与えると一般に言われていますが
実際に毛染めは害を及ぼす危険なものなのでしょうか?
まず毛染め剤の中に含まれている成分には、有害な成分も含まれているのは確かです。
主に危険な成分とされているのはジアミン系化合物と呼ばれる成分で
かなり強い皮膚への刺激があり、皮膚に発疹が出たり、発熱、喘息を引き起こす場合もあります。
またそれ以外の成分としてはアミノフェノール、タール色素系で、これは発ガン性物質とといわれています。

簡単安価な毛染めだからは危険

では全ての毛染めが危険で有害なといえば、それは違います。
当サイトで掲載しているヘアマニキュアは全て安全にお使いいただける無害の毛染めですのでご安心下さい。
一般的に有害成分を多く含んでいるものは市販製品や安価で販売されているものです。
市販の毛染めは染毛力を重視しており、頭皮への刺激、毛髪へのダメージにはあまり考慮されていません。
それはシャンプーと同様で、洗髪力を強化しているものは、頭皮や毛髪への負担も大きいのです。

ですから大手企業が販売しているから安心というわけではなく、あくまで成分に着目して下さい。
毛染めは製品選びさえ、しっかり行えばキレイに染まり、害を及ぼさないので正しい商品選びをして下さい。

このページの先頭へ

更新履歴

利尻昆布の天然毛染め